自作PCとは

それは世界に一つだけの自分仕様のパソコン。

自分の好みにあわせてパーツを用意し

自分で一から組み立てる。

この道のプロになった彼は若干15歳。

自動車修理業を営む父親から

ラジコンの組み立て方や

ノートパソコンの分解など

幼いころからずっとそばで見せてもらってきた。

分解・組立にワクワクする

小学5年生のある日

父親といっしょに自作PCを組み立てるチャンスをもらった。

それがきっかけとなり

彼は「自分だけのパソコンをつくる」ことにはまっていく。

マザボ

グラボ

メモリ

ファン

電源

CPU

ハードディスク

SSD

などなど・・・

?????

飛び交う専門用語

無知な私にとっては訳のわからない単語が飛び交う。

「この部品は○○っていうメーカーのものがいい」

「新品じゃなくて中古でコンディションが良いのを探そう」

「一度秋葉原に行って調べてみよう」

「ヤフオクにするかメルカリにするか・・・」

こんな会話がうちでは自然と行われている。

車もパソコンもなにもかも

“店に並んでいるものを買う”

つまり“既製品”を買うことしか頭になかった私が

主人や子どもたちから大切なことを教わっている。

既製品にあふれる日常

世の中、ホントによくできている。

ありとあらゆるものが完璧と言えるくらい。

キッチンも電子レンジもスマホもカメラも

洗濯機もテレビもパソコンも車も家も・・・

私のまわりにあるほとんどのものが

よくできている“既製品”だ。

でも、はじめからこうだったわけではない。

どこかのだれかが企画、提案して

デザインして検証して

コストを計算してキャッチコピーを考えて

そうやって

ものすごくたくさんの人の考えや行動が

やっと「かたち」となったんだ。

すべてがどこかの誰かが考え創り出したもの

だからいま目の前に見えていることが

“当たり前じゃない”

ここに来るまでになが~い道のりがあったんだ。

「これってどうやってつくったんだろう?」

「この素材なんだろう?」

「このデザインかっこいいな」

「セールスコピーがうまい!思わず買いたくなる」

こうやって

いろんな角度からモノを見るチャンスを

いつでもわたしたちに提供してくれている。

「自作PC」

とっても奥深いな~と気づかされた今日この頃です。