芸能人が選ばれ続ける為のプロデューサー 大橋 友紀 と対談

大橋さんは元女優で芸能活動引退後に

芸能人が選ばれなくなった時に、ドラッグや暴力などの犯罪に

手を染めてしまう現実をどうにかしたい!

という思いで心理カウンセラーとして第二の生き方を見つけ方です

選ばれる必要性とは

子供たちは自分の力で企業に売り込んだり

集客するのはやはり難しいです

そこで向こうから選んでもらう必要があるのです

例えば、イラストが得意な子がどうやって採用してもらうか

又は買ってもらえるのかを考えた時、あなたならどうしますか?

・・・

ですよね

そこで選ばれ続けるプロデューサーの大橋さんとの対談で学んだ

技術や知識だけでは相手に伝わらない!

想いや何故作ったか、なども同時に伝えなければ選ばれません

それを「わかりやすく見せる」ということが重要です

学校でやること

認知度の無い子が選ばれるのはちょっと難しいですね

そもそも「あなたダレ?」と言われるのが当然です

なので東京まあるい学校の名前を使ったり、独自メディア

(YouTube、Twitterなど)を使います

そこを多くの協力アドバイザーや多くの協力者にアドバイスいただき

選ばれる子供を育てて行きます