不登校が会社を作る学校

東京まあるい学校プレオープン当日

東京まあるい学校とは

東京まあるい学校は日本初の子供が会社を作る為の学校です

こんにちは、東京まあるい学校 校長の結城健治です
東京まあるい学校とは

東京まあるい学校は「フリースクール」ではなく

「オルタナティブスクール」です

東京まあるい学校はオルタナティブスクール

オルタナティブスクールとは


オルタナティブスクールとは 簡単に言うとこんな感じ

フリースクール
一度学校に行ったけど、行けなくなった子が通う場所

オルタナティブスクール
最初から学校に行かない「選択」をした子が通う場所

どうですか?
東京まあるい学校は夢を現実にする学校とも言います

だから東京まあるい学校は、子供が自ら決断をし、

それを認めた親御さんの協力がとても大切です

なぜ学校を立ち上げたのか?

わたしは2年間のフリースクールで支援活動をやってきました

現場の支援者の90%は専門知識がないことに疑問を持ち

日本で最初の「子供ビジネスセミナー」を開催

フリースクールという場は、一時的な子供の預かり所だったり

「子供の居場所」というだけで、そこを出た後はどうすればいいか

誰も答えを教えてくれません

わたしはそこで親御さんから「うちの子この後どうすればいいのでしょうか」

という質問にちゃんと答えるために、就職でも進学でもない

「子供が会社を作る」 選択ができる社会を作ろうと思ったのです

他のフリースクールとはどこが違うの?

他との違いを解説

一般の学校

皆さんご存知の一般の学校は、従業員向けの教育です
良い高校、良い大学、良い会社、年功序列で終身雇用

その為に何の役にも立たない方程式や、まったく話せるようにならない
英語教育などすべて「受験と就職の為」

しかも今の時代大学を出ても面接に200回落ちるなんてのも普通の時代です

親なのに終身雇用崩壊や45歳でリストラの時代が来たことも知らずに
必死に大学に行かせようと必死です

フリースクール

実態を知らない人が多いと思いますが、フリースクールのほとんどは

子供の「居場所」という立ち位置です

そこでは一般の勉強や遊びながら学校に行かなくなった子の

心のケアも行われてます

そこで支援する人のほとんどがボランティアかボランティアに近い支援者が多いです。中には探せば専門家が教育や療育をやっている施設もあります

ただ、会社の作り方やお金の稼ぎ方を学べるフリースクールは無いでしょう。

なぜならそこで働く人が会社を作った経験や、会社を作って黒字化を継続したこともないからです

オルタナティブスクール

この学校は各学校ごとに取り入れる教育方針がかなり違います

もちろん学校に行かないという選択をした子供が通うので

フリースクールよりも心の問題は少ないように思いますが、取り入れている教育
方針によって学校で学べることが大きく違います

ただ、ここでも起業や稼ぎ方を期待するのは厳しいかもしれません

代表や支援者が会社経営者であれば学べることも期待できるかも

一般の学校やフリースクールよりは自由な発想の子供が育つので

起業家が生まれる可能性はあると思います

まあるい学校

まあるい学校は教育方針を「自立」に置いてますので

他とは違い他人や組織、会社や国に「依存しない人生」を学べる場です

依存しない人生とは?

依存しない人生とは会社に勤めて給料をもらうとか年金を当てにするのではなく

自分の力で稼いで自分の身を守る生き方

ようするに年金がもらえなくなろうが、リストラにあおうが自分で稼ぎ続けることが出来れば問題ないですよね!

そんな人間を子供のうちから学び、どうすれば社会の役に立てる自分になれるかを徹底的に遊びながら学びます

でもどうしてそんなことが教えられるの?

それはわたしたちは起業家であり、経営者だからです

わたし(校長)は1代目経営者として新規に開業するという事業開拓を3回

違う場所で行い、個人事業主から法人設立まで経験。

その後、そのやり方を自営業者や会社を辞めたいという人への

コンサルてイング業務へ移行

経営者への新規開業のやり方、赤字脱却や稼ぎ方を指導。

年間136名の方に学んでいただき、下請けで苦しんでいた社長が利益200%を達成し下請け脱却や脱サラからわずか3ヵ月で東京進出をはたすなど多くの成功者を出してきました。

結城健治(校長)の人生逆転プロフィール

>>詳細はこちら

海外への夢

わたし達は海外と言っても英語を勉強しましょう!

なんてことは言いません!

学校でみんなが考えたアイディアを外国に売ろう!

という学習です

子供のうちから「市場を海外へ」

これを当たり前に脳に入れる事が子供たちの時代には最も重要だからです

市場を海外へ移す理由

日本のこれから起こる大問題を知ってますか?

それは「日本の総人口減少」です

実はみんなが東京オリンピックに浮かれている2020年から

日本の人口は「頭打ち」なんです

人が減るという事はお金を使う人が減るということです

経済の難しい話はしませんが、一人の子が生まれると

服を買ったり、食べ物を買ったり学費や玩具など

大人になれば車を買ったり家を買ったり結婚したり子育てしたりと

一生涯で2億7千万円使うと言われてます!

2億7千万円ですよ!!!

ということは人口減少はどれだけ経済に影響受けるかわかりますね

海外は50年前の日本

では海外に目を向けて見ましょう

世界全体では人口は増え続けてます

人口ピラミッドの形から言うと日本の50年前ぐらいです

特にアジアは日本の70年前の状態です

わたしは正直この話を知った時まるで

タイムマシーンに乗った気分になりました!

今日本で売れているものやアイデアを

海外に売ったらどうなるかは想像できますよね

それを東京まあるい学校では教育に取り入れて行きます

まとめ

東京まあるい学校は子供達の柔軟な脳を育て

才能を伸ばし、その才能を必要とする人へ届ける

さらにその手法を海外へ販売

目指すのは「自立」です

不景気になってもリストラあっても年金や貯金に頼らない生き方

そんな子供を育てる学校です

PAGETOP
Copyright © 株式会社maa All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.